同窓会会則

第一章 総則

第1条  この会は秋田県立秋田西高等学校同窓会 松西会と称し、事務局を母校内に置く。
第2条  この会は秋田県立秋田西高等学校を卒業した者をもって組織する。
第3条  この会は秋田県立秋田西高等学校職員及び職員であったものを特別会員とする。
第4条  この会は会員相互の親睦と教養の向上をはかり、母校との連絡を密にして母校の教育の発展に寄与することを目的とする。

第二章 事業

第5条  この会は前条の目的を達成するため次の事業を行う
1. 会員名簿の作成に関すること
2. 母校の教育の発展に関すること。
3. 表彰・慶弔に関すること。
4. 会報の刊行に関すること。
5. その他本会の目的達成に関すること。

第三章 役員

第6条  この会に次の役員を置く。
1. 会長 1名
2. 副会長 3名
3. 顧問 若干名(校長他)
4. 幹事 4名、他に秋田・潟上・男鹿市役所の支部長
5. 会計監査 2名
6. 常任理事 各期2名
※1~2期は4名、3期は3名
7. 理事 各クラス1名
8. 支部役員 東京支部代表・潟上市役所支部長
9. 事務局員 若干名(職員)
第7条 会長、副会長、幹事、会計監査は総会で会員の中から選出する。
2. 常任理事は同窓会入会時に会長が委嘱するが、以後、必要に応じて会長が新たに選任・委嘱できるものとする。また、理事もこれに準じる。
3. 母校の教頭、事務長は理事となる。
4. 事務局員は母校の職員の中から会長が委嘱する。
第8条 顧問には母校校長及び本会に功労のあったものを会長が推挙する。
第9条 会長は会務を総理し、この会を代表する。
2. 副会長は会長を補佐し、会長に支障のあるときはこれを代行する。
3. 幹事はこの会の行事を企画し率先して運営に当たる。
4. 会計監査はこの会の会計を監査する。
5. 常任理事は常任理事会の構成員として、この会の企画運営にあたる。
6. 理事は理事会の構成員として総会提出案件の審議及び緊急事項を処理し、会員との連絡にあたる。
7. 事務局員はこの会の会計経理、連絡調整及びその他の庶務に関することを処理する。
第10条 役員の任期は2年とする。但し重任を妨げない。補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。

第四章 会議

第11条  この会の会議は総会、常任理事会及び理事会とする。
第12条の1 総会は年1回開く。但し、会長または理事会が必要と認めたときは臨時総会を開くことができる。

1. 役員の選出
2. 予算の議決及び決算の承認
3. 会則の変更
4. その他この会の目的達成に必要な事項
第12条の2 常任理事会は会長が招集し次の事項を行う。
(1) 総会または理事会の議決に基づく会務の企画、運営及び執行。
(2) その他必要と認めた事項
第13条 理事会は会長が招集し、次の事項を行う。
1. 総会提出案件の審議
2. 緊急事項の処理
3. その他必要と認めた事項

第五章 会計

第14条  この会の経費は正会員の入会費とその他収入をもってこれにあてる。
入会費は3,600円とし、母校在学中に毎月100円積み立てるものとする。
2. 同窓会会費を年額1,000円とし、総会終了後、所定期日まで納入するものとする。
徴収方法については、役員会に一任する。
第15条 この会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第六章 雑則

第16条  この会に総会の承認を経て支部を設けることができる。
2.  支部の設立等については次のとおりとする。
(1) 支部は秋田西高等学校 松西会○○支部と称する。
(2) 支部の設立は同一地区若しくは同一職場に一支部とし若干名をもって構成する。
(3) 支部の設立は3名以上の発起人が本部に申請し、総会の承認を得なければならない。
(4) 支部は役員、支部員名簿及び支部規約を本部に提出するものとする。
(5) 支部は本部より支部助成金を受けることができる。
第17条 この会則の変更は総会出席会員の過半数の同意により改正することができる。

 附則
この会則は昭和57年3月6日から実施する。
   附則
この会則は昭和61年8月10日から実施する。
   附則
この会則は平成15年8月30日から実施する。
   附則
この会則は平成27年6月13日から実施する。